ホーム » 事務所案内 » 沿革
沿革
創立五十年を超え、あなたの知的財産権と法律案件を代理する一番の能力がある事務所

台一事務所は、1976年に、共同創立者である弁護士の林鎰珠、及び商標代理人の林晉章により、林弁護士が20年以上に亘り経営してきた法律事務所から台一国際特許法律事務所に変更されたものであり、それと同時に、台一国際特許商標事務所も設立され、これより、台一は知的財産権に係るサービスを提供する事務所となった。
 

創立者    
            


共同創立者
林鎰珠 弁護士(1922年~2007年)
1952年に台中にて法律事務所を設立し、台中地方裁判所に登録した最初の台湾人弁護士であった。
1976年に林晉章氏と共に、法律事務所を知的財産権の専業サービスを提供する事務所に変更した。
在世の頃に常に肝に銘じていたことは、国民の創造力の向上及び合法的権利の保護であった。

     
   

共同創立者
林晉章 商標代理人
国立台湾大学大学院政治学修士
国立政治大学法学科卒
1976年に、台湾人が知的財産の保護に対する知識及び能力が不足していることを認識し、人々に知的財産に係るサービスを提供することを目標に台一を創立した。
その後、20年以上に亘り台北市の市議員を務めた。常に、我が社会が求める基準よりも価値の高いサービスの提供をしてきた。

 

台一は、1980年に従業員二百人を超える事務所となって以来、今では、国内外において数万の顧客を有するまでになったと共に、所員の努力により顧客から高い評価を頂いております。我が事務所は、国内で業界のトップクラスにありながらも、常に知的財産権の研究を怠らずに行い続け、各分野において主務官庁から高い評判を得ており、知的財産に関連する法律、基準などの改正時に、政府機関から意見を求められる主要な事務所の一つとなった。

2006年に、弁護士の桂齊恆、及び弁理士の閻啟泰が経営陣に加わり、台一のグローバル化を加速させ、それと同時に中国大陸のパートナーとの提携を深化させることにより、クライアントに、グローバルな知的財産権の保護を提供してきた。

グローバル化は、台一の経営戦略の要であり、各国の知的財産権に係る法令や保護の状況を把握して顧客に最善、且つ完全なサービスを提供するために、私たちは積極的に世界中の知的財産権の団体に加入し、各国の知的財産権の代理機構、代理人と常に良好な関係を維持している。

2016年には、組織変更40周年を迎えながら、経営統括責任者である弁理士林景郁が率いるプロの集団により、更にアップグレードし、今後は、万全な体制により顧客に知的財産に係る発想から、出願、保護、運用まで、全面的なサービスの提供を目標に邁進していきたいと考える。

 

 

TOP